Skip links

よくあるご質問

幹細胞とは毎日失われる細胞の体の補充・維持・再生に必要な細胞で、 以下の2つの特性があります。

1. 分化:血液、神経、骨、筋肉、血管などの細胞を作成します。

2. 自己複製能力:自分のコピー細胞を作り出し、欠損細胞の補充や修復を行います。

早い方ですと投与後すぐに症状の改善が見られ、数ヶ月間は修復効果が持続すると予想されます。(効果には個人差がございます。)

個人差はありますが、初回治療から3カ月、6カ月、12カ月経過観察と健康状態を見ながら幹細胞を投与致します。

幹細胞には、「ホーミング現象」という傷ついた部位に蓄積する性質があります。 従って、幹細胞を血液内に注入すると、自然に目的の部位に蓄積して治療効果を発揮する事が知られています。

(ホーミング現象:末梢から移植された幹細胞がニッチ(病変部位)に到達する現象です。 サイトカインや接着因子などの誘導信号が病変部から分泌され、幹細胞はその誘導信号を感知して病変部に蓄積し、治療効果を発揮する事が知られています。)

  • 脂肪の方が骨髄採取に比べて、安全で体への負担が低いです。
  • 脂肪由来幹細胞は骨髄由来の間葉系幹細胞と同様に脂肪、骨、軟骨に分化する能力に加えて、骨髄由来では見られない筋肉への分化能も持っています。
  • 強力な増殖能力があります。
  • 増殖による老化の影響や骨分化能の低下が少ないです。

一般的に幹細胞は人間の成長をサポートし、小児期の幹細胞は成人よりも多くあります。幹細胞は、成熟して見かけの成長が止まった時も存在し、組織が一生を通じて損傷を受けた時に細胞を補充する働きをします。脳や心臓などの組織幹細胞は、体から分離する事が難しく、治療に使用する事が難しいため、脂肪等から簡単に採取できる間葉系幹細胞が注目されています。

間葉系幹細胞:成人の骨髄、脂肪組織、歯髄から比較的簡単に入手でき、脂肪細胞、骨芽細胞、脂肪細胞、筋肉細胞、軟骨細胞だけでなく、内臓やニューロンなどの細胞にも分化する

能力があります。近年、間葉系幹細胞には免疫抑制作用があり、腫瘍に蓄積する性質があることが報告されていたり、移植後の拒絶反応を防ぐ為の間葉系幹細胞の利用やがん遺伝子治療薬の担体としての研究も行われて、組織工学の分野でも間葉系幹細胞が利用されています。

幹細胞には、胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)等の体内の任意の細胞で作成できる多能性幹細胞や、皮膚や血液などの組織から得られる組織幹細胞が含まれます。失われた細胞を補う組織幹細胞は、骨髄幹細胞と脂肪幹細胞等があります。脂肪幹細胞は、ES細胞やiPS細胞よりも倫理的な問題や癌のリスクが少なく、骨髄幹細胞よりも患者の体への侵襲が少ないという特徴があります。

患者様ご本人の脂肪から培養した脂肪幹細胞を使用している為、移植による拒絶反応はありません。iPS細胞やES細胞等に見られる腫瘍形成のリスクが低く、安全性が高い治療です。また脂肪採取時のお傷は約5mm程度で体へのご負担の少ない手術で、ES細胞のような倫理的な問題もありません

比較表を見る

アクセス English 中文